女性の健康に着目 ロート製薬の「健康経営」とは?

 ロート製薬は2018年6月、健康経営宣言の制定と2020年に向けた健康目標を設定した。社員の幸せを願い、「健康経営」を推進する素地は明治32年の創業当時からあったと、同社取締役プロダクトマーケティング部長の力石正子氏は言う。2000年代に入ってからも社員の健康のための様々な対策を会社として行い、とりわけ全社員の6割を占める女性社員が健康的にワークライフバランスを取りながら活躍できる取り組みを実行してきた。社員を幸せにするロート製薬の健康経営の歴史、現状、これからについて、力石氏に聞いた。

14年に最高健康責任者(CHO)を設置、社員の意識改革を促す

――今年、ロート製薬は健康経営宣言の制定と2020年に向けた健康目標の設定をしました。健康経営を行う背景を教えてください。

力石:当社では、「さあ、健康経営をしましょう」と始めたわけではありません。私が入社した頃から既に社員の健康を推進する素地はありました。製造部は朝8時20分に始業し、5時15分が終業時間。早く帰って家のこともできます。働いてい……(中略)…… 食事が健康には重要だと考えていて、そこを目指したいという宣言です。

記事の全文を見る⇒(日経ウーマンオンライン)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事