女性の薄毛・抜け毛に効果的な治療法は確立されているのか?

根拠がある女性の薄毛対策はあるのか?

 ヒトはなぜ薄毛になるのだろうか? 女性は30代から毛髪に変化が起きやすくなり、薄毛に悩む女性はこの10年間だけでも急増しているという。

 女性が薄毛になる原因は、人間関係のストレス、運動不足、薬物、過度なダイエットから、喫煙、遺伝、栄養不足、病的要因、過度な飲酒、頭皮トラブル、質の悪い睡眠、女性ホルモンの低下、血流の低下まで実に複合的な要因が絡んでいる。

 30歳以上の女性1万人を対象に行った「女性の悩み調査」でも、肩こり、頭痛、腰痛、肥満、視力の衰え、便秘、生理痛などの他に、抜け毛、薄毛、白髪の悩みもかなり多い(電通九州調べ「通信販売利用実態調査」2016年)。

発毛剤のひとつプロペシアは女性には効果が無い

 AGA(男性型脱毛症)で使用する治療薬は、医薬品として発毛効果のエビデンスが認められているプロペシア(フィナステリド)とミノキシジルのふたつ。このうち、プロペシアは女性には使われない。なぜなら女性の薄毛・抜け毛は男性のAGAとはメカニズムや原因が異なる……(中略)…… 氾濫する育毛剤にいたっては効果が安定しているものが少ない。

記事の全文を見る⇒(ヘルスプレス)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事