子供用と大人用、日焼け止めは使い分けるべき?

子供用の日焼け止めと、大人用の日焼け止めがあるけれど、どちらも日焼け止め効果がしっかりあったり、肌にやさしい処方であったりと種類が豊富。大人用と子供用でどう違うのか、また、大人が子供用の日焼け止めを使ったり、子供が大人用の日焼け止めを使ってもいいのか、海外のプロが解説。(フロントロウ編集部)

子供用の日焼け止めは、どう違う?

 幼い子供も太陽の日差しから肌や健康を守るため、日焼け止めを塗るのが常識に。

 大人用の日焼け止めとは別に、子供用の日焼け止めとして、いくつもの種類の日焼け止めが売られているけれど、ニューヨークの皮膚科および美容整形外科のデンディ・エンゲルマン医学博士は、子供用の日焼け止めについて、「そのほとんどは、刺激を起こす可能性が低いミネラルベースで作られている」と米メディアPureWowにコメント。

 日焼け止めには、肌の表面で紫外線を吸収することでUV対策をする紫外線吸収剤が配合されているケミカルタイプのものと、肌の表面で紫外線を跳ね返す紫外線錯乱剤が配合されているミネラルベースのノンケミカルタイプがある。

 子供用……(中略)…… はない」という。肌に優しいものを選ぶ目安にして、むやみに信じすぎず、肌に合うかチェックして選ぶことが大切なよう。

(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事