将来のハッピーのために。今から始めるマネー美人への道

 2018年11月30日(金)、12月1日(土)に東京ミッドタウンで開催された「WOMAN EXPO TOKYO 2018 Winter」。さまざまなトークセッションが行われる中、生活経済ジャーナリストの和泉昭子さん、三菱UFJ国際投信の佐藤知美さんが登壇した本セッションは、立ち見も出るほどの人気ぶりでした。人生100年時代といわれる今、どのように資産を増やしていくべきかを教えてもらいました。

今こそ未来を見据えた資産形成を始めるべき

 これからの時代、寿命は延びているのに、年金はいくらもらえるのか分からない。年金受給が繰り下げられたら、いったい何歳まで働き続ければいいのだろう? 資産を増やすために投資を始めたくても、リスクが怖い──と心配している人も多いのではないでしょうか。

 セッションの第1部で基調講演を行った和泉昭子さんは「今は人生100年時代。これまでの『60歳定年』で老後のプランを考えていると残りが40年間もあり、どうやってもお金が足りなくなります。未来のことを考えて、資産形成を始めるべきです……(中略)…… ついてのポイントを整理したところで、第1部は終了しました。

記事の全文を見る⇒(日経ウーマンオンライン)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事