将来子どもを産むなら、今から「腸活」が必要な理由

 数十兆から100兆個にも及ぶ腸内細菌がすむ大腸。近年、この大腸の腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)が私たちの心や体の健康状態にまで大きな影響を与えることが分かってきている。ならば、赤ちゃんの健康を考えるときも、その子の腸内細菌叢を最良のものにしてあげたい――。これが親心では? これからお母さんになる人が、そのために心掛けるべきことは何か。胎児期から乳児、小児期の腸内環境に詳しい、東京女子医科大学小児科・主任教授の永田智さんに聞いた。

帝王切開や人工乳育児は赤ちゃんの腸内細菌叢によくないの?

――近年の研究結果をもとに、腸内細菌叢がその人の健康を左右するともいわれるようになりました。赤ちゃんの腸内細菌叢について考えるとき、心配なのは、出産の方法や育児のされ方によって、その子の腸内細菌の状態が異なってくる、という指摘があることです。赤ちゃんは、経膣分娩で産道をくぐり抜ける時や、母乳を介してお母さんの常在菌を受け取る、とされていますが、それは正しいのでしょうか。また、それがかなわなかった場合、赤ちゃんの腸内細菌叢はよくない状態に……(中略)…… れていたほど大きな影響を与えないのではないか、と私は考えています。

記事の全文を見る⇒(日経ウーマンオンライン)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事