工学院大学が、女性の技術者・研究者を育成する理由

 少子化を背景に多くの大学が学生の獲得に苦労しているなか、工学院大学は2017年度の入試において、一般入試志願者が8年連続で増加し、過去最多となる2万人を超えた。特筆すべきは、入学志願者と入学者数ともに女子学生比率が約20%を占めるほどに増加したことだ。女性の技術者、研究者などを育成して社会に送り出し、働き方改革へも貢献したいという佐藤光史学長にその志を聞いた。

入試志願者数8年連続増、志願者・入学者ともに女性は2割に

――工学院大学では一般入試志願者数が8年連続して増えていると伺いました。少子化のなかでどのような工夫をしているのでしょうか。

佐藤光史学長(以下、佐藤):本学は創立131年の歴史のなかで14万人を超える卒業生を社会に送り出していますが、産業構造そのものが大きく変わるなかで、グローバル化と知識基盤社会に対応していくような大学にしていこうと、10年ほど前から大きな改革を進めてまいりました。

 2005年までは、本学は工学部のみのいわゆる単科大学でした。06年に情報学部……(中略)…… Gを対象に、女性活躍推進賞を設けている。写真は昨年の表彰式の模様

記事の全文を見る⇒(日経ウーマンオンライン)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事