幹部が「イクボス宣言」 10年間の働き方改革の結果

 建設技術研究所は2015年12月に「ダイバーシティ推進計画」を策定し、翌年4月よりダイバーシティ推進室を新設。ダイバーシティ推進と同時に、働き方改革への取り組みを進めている。この業界の積年の問題である「長時間労働」を削減することが喫緊の課題であり、クライアントである官公庁も一緒になって解消していく取り組みが不可欠だという。その働きかけを率先して行う、建設コンサルタント業界のパイオニアカンパニーである同社は、働き方改革をどう進めていくのか。取締役常務執行役員であり、ダイバーシティ推進担当も兼任する渡辺宏一氏に話を聞いた。

社長と役員含め、23人が「イクボス宣言」

――働き方改革への取り組みとして、さまざまな施策をしていますね。昨年はイクボス宣言もしました。

渡辺取締役(以下、渡辺):そうですね。きっかけは2016年7月にNPO法人ファザーリング・ジャパンの代表・安藤哲也さんにお越しいただき、社長の村田が「イクボス企業宣言」をしたことです。イクボスの重要性を認識して、自らイクボスとなって組織を牽……(中略)…… 「ウイークリー・スタンス」への取り組みについても浸透してきました。

記事の全文を見る⇒(日経ウーマンオンライン)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事