座ったままのストレッチで便秘を解消!簡単腸活ストレッチ

まず、便秘の女性が多い理由は、男性に比べ腹圧が弱いことが挙げられます。つまり、腹筋が弱いため、便を押し出す力が弱いのです。


ゆっくりトイレに座る時間が確保できないことが原因になっているケースもいます。本来、午前中は体の排出タイム。果物や野菜ジュースなど胃に負担のないものを摂り、トイレにゆっくり座ってみるのが理想です。でも、忙しい朝はついついタイミングを逃しがちですね。

さらに、食べ過ぎも便秘の原因になります。私たちの腸は、寝ている間に食べたものを消化・吸収し、残ったものを自動的に肛門側へゆっくりと移動(蠕動運動)させます。

その際に、モチリンというホルモンが分泌されます。モチリンは、消化・吸収の終了した就寝後など、約100分間隔で血流中に放出される消化管ホルモンで、空腹時に働きます。夕食を就寝の3時間前までに終わらせる方がいいと言われているのは、胃の中のものを消化して空にするのに約3時間強かかるからです。

食べ過ぎや間食、夜食がやめられない人は、空腹時間がありません。モチリンが分泌されないために、翌朝、胃や小腸に内容物が残った状態……(中略)…… 活を習慣にしてみてくださいね。

【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事