彼氏が恐怖した 彼女の嫉妬LINE

付き合っていると、ついつい相手に嫉妬してしまうもの。でも、ちょっとぐらいの嫉妬であれば可愛い。男性も愛されているように感じられ、喜ぶこともあります。でも、やりすぎは禁物です……。今回はそんな、“別れを決意した彼女の嫉妬LINE”というテーマで、男性たちに話を聞きました。

文・塚田牧夫

「本名を教えないで」

「友だちが企画していたバーベキュー大会に誘われたのですが、俺の彼女は、それをとても嫌がっていました。ただ、彼女と付き合う前から決まっていた予定だったので、断ることはしませんでした。

バーベキュー当日、彼女から“誰かに話しかけられても本名を教えないで”とLINEが来ました。連絡先を教えない程度なら分かりますが、本名も言えないとは……。しかも“鈴木一郎と名乗れ”と念押しされました。余計目立つ気がします……」マスオ(仮名)/27歳

連絡先を交換しなくても、名前を知っていればSNSで繋がることは可能ですからね。心配する気持ちも分かりますが、さすがに偽名は名乗れないですね。

「ほかの女のこと考えてたでしょう」

……(中略)…… hutterstock©7grwb / Shutterstock©paulzhuk / Shutterstock

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事