意外と太る!? 鍋メニューの落とし穴

冬の寒い時期に欠かせない鍋料理。寄せ鍋、しゃぶしゃぶといった定番メニューから、豆乳鍋にトマト鍋にコラーゲン鍋……といった新しい人気者までどれも美味しいですよね。水分が多いのでおなかもいっぱいになりやすい、ダイエットの味方でもあります。

鍋の良いところは、野菜類がたっぷり食べられて、たんぱく質の素材や炭水化物も食べるという、栄養面からもバランスの良い料理であるというところです。

早速、ダイエット向け鍋料理のポイントを解説します!

◆野菜とキノコ類たっぷりの鍋はマル
野菜類はカロリーが低いことはもとより、ダイエット視点で大切なのはその食物繊維。野菜類とキノコ類に多く含まれている食物繊維は、体脂肪合成を妨げてくれる働きもあるため、近年特に注目されている栄養素のひとつです。

食事の前半に食物繊維を摂ることが特に効果的であると言われてもいますので、まずは鍋の野菜類から食べましょう。次に肉類などを食べ、最後にシメとして炭水化物を食べる鍋は、食べる順番から言うとダイエット向けです。

野菜はセリや春菊など色の濃……(中略)…… t.co.jp/">All About」から提供を受けております。著作権は提供各社に帰属します。

記事の全文を見る⇒(マイナビニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事