意外と間違えがちな、「日焼け止め」の“塗り方”とは?

日焼け止めは、テクスチャーなどの使用感やパッケージに記載されているSPF値は気にするけれど、“塗り方”はあまり気にしていないという人は要注意! 正しく日焼け止めを使って肌を守る方法を紹介。(フロントロウ編集部)

日焼け止めの正しい“塗るタイミング”とは?

 ニューヨークの皮膚科医シャリ・マーチベインは、「日焼け止めが肌に落ち着くのには15分ほどかかる」と米メディアSTYLECASTERにコメント。日焼け止めを塗ったら、ベースメイクを始める前に15分ほど時間を置くようにアドバイスしている。

 また、家を出る直前に日焼け止めを肌につける人もいるけれど、シャリはこれにも反対。日焼け止めが肌に落ち着く前に紫外線のもとに肌をさらすと、「肌が不安定だと日焼けしやすくなるの。日焼け止めには、紫外線を吸収して防ぐもの、反射をして防ぐものなどがあるけれど、どちらのタイプであっても、外出する20分前には肌に塗っておいて」と話している。

 ちなみに、シャリによると、とくに夏場は、日焼け止め効果のあるベースメイクなどのメイクアップコスメだけでは紫外線対策は不十分なのだ……(中略)…… 量なのよ」と話している。

 今年の夏も日差しがきつくなりそうだから、改めて紫外線対策を見直して、肌の健康を守って。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事