断れない外食「食べる順番」以外に気をつけたいこととは

 こんにちは。ビューティーフードアドバイザーの高木沙織です。

 外食の席では楽しさからいつもより食べ過ぎてしまったり、付き合いで普段控えている脂質・糖質たっぷりのものを食べてしまったり……。外食とダイエットを両立させるのって難しいですよね。

 今回は、外食続きでも太りにくい体でいるためのコツをいくつか紹介していきたいと思います。

◆食べる順番で血糖値コントロール
「何を食べるか」はダイエットにとって大事なことですが、複数人での外食では自分の好きなお店に行けるとは限りませんよね。そこで大事なのが「食べる順番」。なぜなら、食べる順番を工夫することで血糖値の急上昇を抑えることができると言われているから。

 その方法はとても簡単で、「海藻・野菜・キノコ類(食物繊維を含むもの)〜肉・魚・卵・大豆(たんぱく質)〜炭水化物」の順に食べるだけ。

 食物繊維を最初に摂っておくと、最後に食べる炭水化物に含まれるブドウ糖の吸収速度が緩やかになり、血糖値の急上昇が抑えられます。その結果、インスリンの分泌量が増えて内臓脂肪を蓄えやすい状態になるのを……(中略)…… i』の読者モデル、ファッションモデル、ナレーター等も経験。Blog、Instagram:@saori_takagi

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事