新食感な絶品ご当地お好み焼き

10月10日は「お好み焼きの日」って、知ってた? お好み焼きを鉄板やホットプレートで焼くときにジュージュー(10・10)と美味しく音を立てることと、 みんなでホットプレートを囲んで食べる様子が輪(10の0)になって見えることにちなんで、オタフクソースが制定したものだ。ところで、お好み焼きで有名な広島県では、県内各地で独自の進化をとげた「ご当地お好み焼き」があるんだとか。その中の1つが、広島県府中市で昔から愛されてきた ご当地お好み焼き「備後府中焼き」。今回、その「府中焼き」のメディア向け試食会があると聞いて、お腹を空かせて行ってきた。

○府中市のご当地フード「府中焼き」とは?

やってきたのは、東京都千代田区神田小川町。靖国通り沿いにある「広島県府中市アンテナショップ NEKI(ネキ)」だ。「ネキ」というのは「近く」を意味する備後地域の方言で、首都圏の人たちや地元出身者に、府中市を身近に感じて欲しいという思いを込めて店名にしているという。府中市は「家具の街」とのことで、店内の椅子や、物販の棚なども、府中市の企業が協力して内装が作られているのだとか。店内は物販ブースと飲食……(中略)…… BLUE』。趣味はプロレス・格闘技観戦。著書は『I LIKE YOU 忌野清志郎』(岡本貴之編・河出書房新社)」

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事