日焼け止めの「量」少なすぎ?プロが教える“正しい使用量”に驚愕

日焼け止めをしっかり塗ったのに、うっかり焼けてしまった経験、誰しも一度はあるのでは? 実は日焼け止めの「量」が少ないのが原因のひとつだとプロはいう。日焼け止めの「適正量」を海外の皮膚科医がアドバイス。(フロントロウ編集部)

日焼け止め、どのくらい塗っている?

 紫外線による日焼けのダメージから肌を守ってくれる「日焼け止め」。しかし、日焼け止めをしっかり塗ったにもかかわらず、「また焼けちゃった…」と日焼けしてガッカリした人も多いのでは? それってもしかしたら、日焼け止めを塗る「量」が少なすぎるのが原因かも。

 ニューヨークで美容と外科皮膚科を専門とする認定皮膚科医ハドリー・キング医師は「ほとんどの人は、日焼け止めの推奨量の25~50%ほどしか塗っていない」と米メディアbyrdieで発言。塗る量が十分ではないことも、“うっかり日焼け”をしてしまう理由になるのだそう。

 では、日焼け止めの適切な使用量とは、いったいどのくらいの量なのだろう。

 キング医師によると、日焼け止めの正しい使用量は、顔を含む全身1回につき「約29ml」。

<……(中略)…… > 意外と知られていない日焼け止めの「適正量」と効果的な塗り方。正しく使用量をマスターして、しっかり紫外線をブロックしてみて。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事