旦那を男として見るための対策

結婚生活も長くなってくると、だらしない姿や、格好悪い姿も見てしまいます。

旦那さまから「新鮮さ」を感じることもなくなると、ときめきが減少していくのも当然のこと……。

心のどこかで「残念だな……」と思うことが多くなるかもしれません。

そこで今回は、旦那を男として見られなくなってしまったときの対策をご紹介。

手遅れになる前に……ぜひおためしください!

仕事をしている姿を見る

旦那さまの姿を思い浮かべてみてください。

スウェット姿でゴロゴロしている、トイレのドアを開けっぱなしだったり、無精ひげであくびをしながらお尻を掻いていたり……。

これでは、ときめかないのも無理はありませんよね。でも、あなたが思い浮かべたのは、「家の中での姿」。

ときめくために、「外の姿」を見る機会を作りませんか?

もしも可能であれば、職場にお弁当を届けるなどして、旦那様の働いている姿を仕事現場を見に行くなど、なにか理由をつけて見に行ってみてはいかがでしょう?

素敵じゃない男性を見る

あ……(中略)…… きを感じられる日々を取り戻してみませんか?

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事