暗い場所でも映える!「夜メイク」を成功させるポイントとは

夜のデートやアフター5など、夜のイベントに欠かせないメイク。でも昼用メイクのままにしている人も多いのでは? 暗い場所でも可愛さをキープする「夜メイク」の仕方をプロが紹介。(フロントロウ編集部)

暗がりでも映える「夜メイク」

 明るい昼と薄暗い夜で見え方が変わってくるメイクだけれど、昼からがっつりメイクだと濃すぎるし、昼用メイクだと夜には沈んで見えがち…。そんなメイクの悩みを解決する裏技があるそう。セレブ御用達の人気メイクアップアーティストのマリアン・マイスナーが、夜に映えるメイクテクニックを米メディアStylecasterに明かした。

フェイスラインが命!チークで血色感+小顔効果

 マリアンは、「薄暗い場所に行くことが多い夜は、顔の輪郭や立体感がぼやけがち」と語り、とくに顔の印象を際立たせるチークは重要とコメント。チークのオススメの入れ方は、中心ではなく、頬骨に沿って外側に入れること。シェーディングの役割も担って、シャープなフェイスラインを演出してくれるそう。さらにマリアンいわく、大人っぽい落ち着いた色味を選ぶと小顔効果も期待できるという。

リップはグ……(中略)…… りでメイクを魅力的に見せるポイントは、全体を濃くしすぎないこと。色味のバランスに気を付けつつ、プロのワザを上手に活用してみて。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事