更年期のお腹痩せエクササイズ!ぽっこりお腹を直すには

<!----> 更年期は筋肉量が落ちやすい!ぽっこりお腹をシェイプ!

更年期のぽっこりお腹痩せエクササイズ


通常筋肉量は20歳くらいでピークを迎え、その後は加齢に伴って、少しずつ落ちていきます。女性が更年期を迎えるあたり(45歳前後)になると、ホルモンバランスが変わり、さらに脂肪もつきやすくなってしまいます。普通の生活をしていても、1年に1%くらいの割合で筋肉量は減少しますので、10年ではなんと10%の筋肉が身体からなくなってしまうということになります。この際の減り具合は部位によっても差があり、腕など上半身は少しずつしか変わらないのに対し、太ももの前やお腹の筋肉(腹筋)は著しく減少していきます。

今回はそんな筋肉量が大きく落ち、代謝も減ってポコッと出やすいお腹のエクササイズを2つご紹介します。お腹の力で脚を股関節から動かす『トウタップ』と、わき腹も一緒に働かせていく『ヒップロール』です。どちらも仰向けでのスタート姿勢を整えてから始めていきましょう。

<目次>

  お腹の力……(中略)…… 痛予防のためにも習慣化していきましょう。

【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事