東海ラーメン界 新風巻き起こる

東海地方には、人々が愛してやまないラーメン店が多数存在する。しかし2019年、すでに大勢のファンを得た名店が、人気にあぐらをかくことなく続々と新展開。今回は、ラーメン界に新風を起こすこと間違いなしのラーメン店を4つ紹介する。必食の一杯を見逃すな!

【写真を見る】愛知で食べたい、本当に旨い新店&名店はこちらをチェック!

■ スープ、麺、タレ、具材が奏でる香りの四重奏

「拉麺 ぶらい」(名古屋市緑区)では、ルーツである「鶏番長」から進化した、意外性と遊び心が満載のラーメンをラインナップ。オーナーが製麺、店長がメニュー開発を担当し、頻繁に限定麺もリリースしている。細かい仕掛けが随所にあり、食べ進めるうちに味が変化すると話題に。

なかでもおすすめなのは「熟成黒醤油 燻製玉子のせ」(税込 940円)。表面の香味油が、食べるたびに香りの変化をもたらす。薫製玉子はサクラなどチップを随時変更。麺に使う小麦粉も自家焙煎している。

また「濃厚鶏つけ麺」(税込 880円)のつけ汁は、まるでポタージュのよう。麺にはジュレ状のスープがトッピングさ……(中略)…… 1:00〜22:30(LO 22:00) / 休み:エスカ地下街に準じる(東海ウォーカー・東海ウォーカー編集部)

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事