梅雨の「髪のうねり、広がり」を解消!今すぐできる3つのコツ

梅雨の時期は湿気が多く、朝スタイリングしても、夕方には髪がうねったり、広がったりして大変。そこで、海外のヘアスタイリストが髪のうねりから解放される方法を紹介。今すぐ実践できるという、その気になる方法とは?(フロントロウ編集部)

なぜ梅雨は髪がうねりやすいの?

 梅雨の時期になると起きる髪の「うねり」「広がり」。その原因のひとつは、髪の水分バランスが乱れてしまうから。ヘアスタイリストのハリー・ジョッシュいわく、雨で湿気が増えると、髪がいつも以上に水分を吸収してしまい、うねりやクセが出てしまうと米メディアByrdieで説明。

 そこで、今回はそんな厄介な髪のうねりを抑える3つのコツをプロが紹介。特別なテクニックもスタイリング剤も使わない、今すぐ実践できる方法をチェック。

コツ1.シャンプーの使いすぎに注意

 髪がうねる原因には、雨の日の湿気、紫外線やドライヤーの熱による乾燥ダメージ、加齢などさまざまなものがある。そのなかでも、とくに髪のうねりを悪化させている可能性があるのは「シャンプーの使いすぎ」。

 ロンドンにあるヘアサロン「ロックネゴ……(中略)…… ングしても、数時間後にはうねってしまう梅雨シーズンの髪の悩み。プロのテクニックをマスターして、まとまりのいい髪に仕上げてみて。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事