横隔膜とは?場所はどこ?呼吸を生み出すメカニズムを画像で解説

<!----> 横隔膜とは? 場所はどこにあるのか解説

呼吸には必要不可欠な横隔膜

実際のところ具体的にどういう動きや働きがあるのか、あまり知られていない「横隔膜」。

どこにあって、どういう形をしていて、どんな動きをするのか。そして、私たちの命を維持するために一番大切な「呼吸」を生みだすメカニズムをご紹介します。
 

<目次>   横隔膜の場所! “横隔膜”という名前に落とし穴!? 横隔膜は「膜」とは言ってもペラペラとした薄い「膜」ではなく、厚みを持った伸縮性のある筋肉です。名前のせいで少し誤解を生むかもしれませんが、この筋肉は「呼吸」や体幹部の安定性を作り出すとても力強い筋肉。

横隔膜と周辺の内臓

横隔膜は胴体のほぼ真ん中にある、ドームのような形をした「膜」状の「筋肉」で、胴体を肺のある「胸部」と、腸などその他の臓器のある「腹部」に分けています。

血管や食堂などを通す穴があいている以外、胴体内部での上下は横隔膜によってしっかり隔たれていま……(中略)…… ね。

【関連記事】

<!---->

記事の全文を見る⇒(All About)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事