炒飯に最適なセブンのカップ麺

濃いのはチャーハン向きの証

隙あらばチャーハン。見かけたらチャーハンにする企画、「なんでもチャーハン」です。

今回のターゲットはカップ麺。ただしいつもより麺はちょっとだけ特別です。
そんな特別な品は、6月22日より全国のセブン&アイグループ限定で発売される『日清 濃くてうまいTANMEN』『日清 濃くてうまいMISO』の2種類。

フタを見るとわかりますように、麺にはうま味素材が練り込まれております。
TANMENには「麺までガーリック」、MISOには「麺までジンジャー」の文字が踊ります。

余談ですが、フォントが映画『カメラを止めるな』ぽいなー、と思って比べてみたけどあくまで印象だけでした(笑)。

さて濃い目のスープ、麺まで練り込まれた素材はチャーハンにしたとき、どんな風に働くのでしょうか。

日清 濃くてうまいTANMEN

まずは普通に味見をして、その後チャーハンしてみたいと思います。そのまま食べる場合は、いずれも熱湯3分でOKです。

TANMEN試食

グリーンのパッケージの外装フィルムをはがした……(中略)…… s.jp/tag/friedrice

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事