焼肉の町で爆誕「焼肉モナカ」

長野県飯田市にある1947年(昭和22年)創業の別所製菓は先日、新商品「夜の最中(さいちゅう)焼肉モナカ」を開発した。

ほのかなマトン風味の「焼肉モナカ」

「焼肉モナカ」は、人口1万人あたりの焼肉店舗数が全国の市の中で最も多い日本一の焼肉の町・飯田市の焼き肉文化と半生菓子のもなかを掛け合わせた商品。

もなかの皮に、辛みそをベースにマトンのエキスを練り混ぜた、ほのかなマトン風味のあんを自分で挟んで食べる。

もなかの皮は羊の形2種類(通常の色と竹炭を練りこんだ黒色)と、文字が印字された長方形3種類(南信州、マトン、焼肉の文字)の計5種類。価格は1個250円、5個入1000円(共に税抜)だ。

出典元:別所製菓

8年後のリニア開通を見据えて開発

“もなか”と“焼肉”という、一見かけ離れた食べ物を組み合わせた商品はどのように生まれたのか?

別所製菓の別所貴良専務取締役に話を聞いた。

--焼肉モナカが誕生した経緯を教えてください。

地元の経営者で組織した異業種団体・地場産マネージメント倶楽部の30周年……(中略)…… んだ焼肉モナカが飯田のお土産の一つとして広く認知され、焼肉と菓子の街飯田をPRする新たな名物にしたいと思います。

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事