生理前の不調を改善する食べ物

PMS(月経前症候群)って何?

生理が始まる約2週間に起こるココロとカラダの不調は、いろいろな症状が重なり合ったPMS(月経前症候群)という名の病気。その期間がすぎると、ケロッと治っているのが特徴です。原因は自律神経の乱れやホルモンによる影響、セロトニン量の低下などと考えられています。

PMS(月経前症候群)の原因は?

1. ホルモンの影響
排卵〜生理前に分泌される黄体ホルモンによって、脳内物質や水分代謝が影響を受けて体調が不安定になることで、イライラや気持ちの落ち込み、むくみなどの症状が出やすくなります。

2. 栄養の偏り
タンパク質不足や抱卵ホルモンの分泌が減ることで、?幸せホルモン?(セロトニン)が急低下し、気持ちが落ち込み、ネガティブになるケースも。

3. 血流の悪化
高脂肪、高糖質、ビタミン、ミネラル不足、喫煙などによって血液がドロドロになると、血流が悪化し、PMSの症状が重くなる。

4. 不規則な生活
ストレス、睡眠不足、過労などによって自律神経が乱れると、神経伝達が停滞し、イライラや……(中略)…… g.co.jp/magazines/detail/mook-414219/">リセット食』ライター:藤岡操

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事