生理前の不調を緩和させる食材

悪循環に陥る前に対策を!

生理の周期がある女性の体。特に生理前になると、体がどんより重くなったり、胸が張ったり、吹き出物が出たり。また気持ちがモヤモヤ、イライラと落ち着かなくなったり…。程度の差はあっても、普段とは違う心と体の不調を抱えることが増えます。

これらは、PMS(月経前症候群)の症状。生理が始まる約2週間前から始まり、生理開始とともに症状が消えてしまうのが特徴です。

PMSの原因は“ブスホルモン”!?

PMSの嫌な症状の原因は、女性ホルモン、特に「プロゲステロン」(黄体ホルモン)にあります。プロゲステロンは、排卵から次の生理までの間に増加しますが、その期間は、体にとって快適な期間ではありません。熱っぽく、だるくなったかと思えば、むくんで手足の先が冷えたり、頭痛や腹痛、腰痛、吹き出物が出ることも多いため、テストステロンは?ブスホルモン?と呼ばれることも…。

まずは食事でケアを

PMSの症状はさまざま。症状が重い場合は、病院で診察を受け、イライラが強い場合は精神安定薬、むくみが強い場合は利尿剤、頭痛など……(中略)…… 、書籍、広告で、ダイエット、健康関係の企画、レシピ開発をするの他、暮らしにまつわる企画を担当。さいたま市浦和在住。

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事