生理前の不調を緩和する食事とは

その不調、もしかしたらPMSかも……

最近、わけもなく気分が落ち込む、イライラする、急に体がほてることがある。そんな症状が頻繁に現れることはありませんか?これらの症状は、40〜50代の女性にみられる更年期障害の典型的なものです。でも、最近では、20代や30代の女性でも更年期障害と同様の症状に悩む人がいるのです。これは、月経前症候群 (PMS)と呼ばれ、月経開始の3〜10日前から始まる精神的・身体的症状。月経開始とともに症状が軽くなり、消失します。

女性ホルモンのバランスの乱れ。心身の疲れ、大きなストレスは女性ホルモンのバランスを崩しPMSに陥るリスクを高めるのです。実際、女性の社会進出が進むにつれ、PMSも増加しているといわれています。

このPMSや更年期障害の症状を緩和すると注目を浴びているのが大豆です。大豆は、たんぱく質、脂質、糖質、食物繊維、カリウム、鉄、亜鉛、マグネシウム、カルシウなど、栄養バランスに優れた食品です。なかでも注目されているのが、イソフラボン、サポニンです。これらの成分は、女性ホルモンのバランスを整える力をもつことがわかっています。10分で作れる! やせるおかず』(レシピ考案 : 岩粼啓子)ライター : 楠田圭子

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事