男性には不評な日焼け対策ランク

紫外線が一段と強くなる季節は、日焼け防止に気合が入るのは無理のないこと。とはいえ、ロマンティックな雰囲気を演出すべきデートの場でやり過ぎてしまうと、相手の男性をドン引きさせてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性349名に聞いたアンケートを参考に「デートでそれはなし!男性に不評な『日焼け防止アイテム』」をご紹介します。

【1】周囲にキツいにおいを振りまく「日焼け止めクリーム」
「ここは夏の浜辺か!と突っ込みたくなります」(10代男性)というように、場違いな香りを漂わせる日焼け止め剤の使用は、周囲を不快にさせるおそれがあります。海水浴など特別な場面でない限りは、においを抑えたクリームやオイルを使うようにしたいものです。

【2】異様に大きいレンズのせいでカマキリのような「サングラス」
「芸能人みたい。単に目立ちたいだけじゃないのかと思ってしまう」(10代男性)など、本来の目的である日焼け防止よりも見た目の異様さが際立ってしまうパターンです。レンズの大きさよりも、紫外線カット機能を重視したほうが良さそうです。

【3】つ……(中略)…… 2015年2月9日から16日まで対象:合計349名(10代、20代の独身男性)地域:全国方法:インターネット調査

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事