疲れ目は「温める」と「冷やす」どちらが正解?

 一晩二晩寝て回復するなら「疲れ目」といえますが、疲れ目が蓄積されていくと目だけでなく、全身に症状が出てしまう「眼精疲労」に進行します。こうなると、自分でケアをすることが難しくなってしまいます。眼精疲労にさせないコツは、その日の目の疲れをその日のうちにリセットすること。眼精疲労治療に力を入れている、吉祥寺森岡眼科院長の森岡清史さんにセルフケアのコツを教えてもらいます。

IT企業、89%の社員が「疲れ目ケア」をしていない

 森岡さんがある上場IT企業の社員約200名を対象に実施したアンケートによると、1日のパソコン作業時間が10時間を超える人は62%、5~9時間の人は38%と、パソコンでの作業時間は驚くほど長時間でした。

 半数以上の人が、「近視が進んだように感じている」、「目が乾く感じがする」、「首・肩凝りがつらいと感じる」、「夜思うように眠れない」などの症状を訴えながらも、「普段から疲れ目のケアをしている」と答えた人はわずか11%。89%もの人がケアをしていないという実態が浮き彫りになりました。

……(中略)…… で『気持ちがいい』と感じる場所を押さえればOKです」(森岡さん)

記事の全文を見る⇒(日経ウーマンオンライン)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事