病気になりにくい体を作る食べ物

風邪やインフルエンザが流行中。毎日の食事で免疫力をアップして、病気になりにくい体をつくりましょう。管理栄養士・料理研究家の牧野直子さんに伺いました。病気になりにくい料理をバランスよく食べるコツ

体にいいといわれている食べ物も、そればかり食べていては効果ナシ。いろんな食品からバランスよく栄養をとり、病気に強い体をつくりましょう!

●朝・昼・夕の食事量を3:3:4に

まずは3食食べることが基本。
「朝食は少なめで夕食が多い、1:2:7の食事量になっていませんか? 朝はきちんと食べて体温を上げ、昼は食べても太りにくいのでしっかり栄養をとりたいところ。3:3:4を心がけましょう」

●朝食は糖質+タンパク質がベスト!


納豆かけご飯は免疫力アップにGOOD朝食でとりたい栄養素は糖質とタンパク質。
「朝食の役割は体温を上げることですが、タンパク質と糖質を一緒にとると、もっとも体が温まることが研究でわかっています」


「納豆かけご飯やチーズトーストならいっぺんにとれていいですよ」

●……(中略)…… >についての情報を提案している

<撮影/山田耕司 イラスト/ナカオテッペイ 取材・文/ESSE編集部>

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事