皮膚科医が教える「冬リップ」のうるおいを守るリップケア

冬になると気になるのが、唇の乾燥。主張するリップメイクがトレンドのなか、唇が荒れていてはメイクも台無し。冬も魅力的なリップをキープするためのリップケア法を、アメリカの皮膚科医が伝授!(フロントロウ編集部)

 唇は体の中でもっとも皮膚が薄いうえ、うるおいをもたらす皮脂の分泌も少ないパーツ。そんな唇を荒れから守るリップケアを、アメリカの皮膚専門医スーザン・テイラーが米メディアTodayでレクチャー。

ケアの前にNG行為も要注意

 スーザン医師によると、リップケアも大切だけれど、リップのダメージにつながるNG行為を見直すことも大切。そのNG行為はこの2つ。

唇をなめるのはNG

 唇をうるおすために唇をなめているとしたら、それはNG行為。スーザン医師は「唇をなめるのは逆効果。かえって唇を乾燥させるの」とコメント。唾液に含まれる消化液や雑菌などが唇にダメージを与えるため、なめることは避けたほうがいいそう。

 また、乾燥した空気や冷たい空気の環境で唇をなめると、さらに唇の保湿成分を奪ってしまうそう。

肌に合わないコスメ

 肌に合わない口……(中略)…… 節に比べて、少し気を抜くとすぐに乾燥してしまう唇。いつも目につくところにリップクリームを置いて、こまめなリップケアを忘れずに。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事