短期ダイエットが及ぼす悪影響

早く成果を出したくて、短期集中型のダイエットに手を出したことがある人は少なくないはず。そして、それによって体調を崩したことがある人もいるのでは?

「短期集中型のダイエットで何キロか痩せることは可能です。でも大抵の場合、結果は持続せず、最終的には身体的にも精神的にも悪影響をおよぼします」とコスモポリタン イギリス版に語ってくれたのは、「London Doctors Clinic」のジュリアンヌ・バリー医師。

そこで、ついやってしまいがちな短期集中型ダイエットの落とし穴と、正しいダイエットのやり方について、バリー医師に聞いてきました。

1.基礎代謝が下がる

基礎代謝の高さは減量のカギだけど、短期集中型ダイエットは、むしろ基礎代謝を低下させることに繋がるそう。「緩やかで持続的なダイエットに比べ、極端なダイエットは筋肉を減らします。筋肉が減ると、安静時のカロリー消費量である基礎代謝量が下がりますから、後で体重が増えることになるわけです」とバリー医師。

2.免疫力を低下させる

「体に不可欠なミネラルやビタミ……(中略)…… iets-healthy-doctor/" target="_blank">COSMOPOLITAN UK

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事