研究で判明「低炭水化物ダイエット」で寿命が縮まる。回避方法は?

ケトジェニックダイエット(高脂肪、低炭水化物のダイエット法)愛好家に悪いニュースが。『ランセット・パブリック・ヘルス』誌に掲載された新しい研究によると、超低炭水化物ダイエットはあなたの寿命を縮めるというのです。

その研究は、アメリカの1万5000人以上が、食べた物やその量など、食生活について自己申告のアンケートに記入するもの。この情報から、平均的な摂取カロリー量とともに、炭水化物、タンパク質、脂肪の主要栄養素がどのように取られたかが割り出されました。

摂取カロリーが極端に変動する人や、1日600キロカロリー以下もしくは4200キロカロリー以上の人は除外されています。

約25年の追跡で、中程度の量の炭水化物(カロリーの50~55%を炭水化物から摂取)を取っている50歳の人は、超低炭水化物ダイエット(同30%以下)を行っている人より4年、普通の低炭水化物ダイエット(同30~40%)の人より2年、……(中略)…… et/2018/07/171719hijiki_seaweed.html?test201808">

記事の全文を見る⇒(MYLOHAS)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事