秋の最旬「トレンド肌」はどうなる?ファンデーションのポイントを紹介

2019年秋のベースメイクトレンドを海外のプロが紹介。メイク法やファンデーション選びの参考にしてみて。(フロントロウ編集部)

秋のベースメイクはどう変わる?

 90年代ファッションのリバイバルとともに、メイクやネイルも“90年代風”が人気上昇中。90年代の肌づくりは、しっかりカバーしてマットに仕上げるのがトレンドだったけれど、この秋はどう肌を仕上げると良いか、海外のプロが紹介した。

 マックスファクターのメイクアップ・アーティストのキャロライン・バーンズは、この秋のベースメイクについて、「90年代風に2019年っぽさを加えるために、肌は90年代のようには粉っぽいマットな仕上がりにしすぎないほうがいい」と英メディアRefinery29にコメント。

 春夏のベースメイクはしっとりと濡れたようなツヤ肌に仕上げるのがトレンドだったけれど、その流れが引き続いていて、秋のベースメイクでも、キャロラインは「フレッシュで濡れた質感を加えて」とアドバイスした。

 キャロラインは、クライアントにメイクをするときは小鼻やその脇にはしっかり毛穴をカバーする……(中略)…… 冬のベースメイクでは、ふわっとマット肌に仕上げるのもアリだけれど、この秋の旬のベースメイクは、引き続きツヤ感がカギになりそう。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事