美人でもブスと可愛いブスの差

ブスと言われる美人もいれば、可愛いと言われるブスもいる美人とブスは対極ですが、美人でもブスと呼ばれたり、ブスでも可愛いと言われる女性がいます。一体何が違うのでしょうか。本題に入る前に、それぞれの言葉の持つ意味をおさらいしておきましょう。

▼「可愛い(かわいい、Kawaii)」とは日本語の形容詞で、いとおしさ、趣き深さなど、何らかの意味で「愛すべし」と感じられる場合に用いられる。また、「かわいそう」と関連するという考え方もある。派生語にはやや意味を強めた「可愛らしい」、動詞の「可愛がる」がある。
(Wikipediaより引用)

「可愛い」という形容の根っこに愛しさがあること、美醜だけを基準にしていないことから「可愛い」と「ブス」は共存するものと考えられます。

▼「ブス」とは容姿が劣ることを指す侮蔑的な日本の俗語。不細工を参照。男性の形容(ブサメン)にも使われることがあるが、一般には女性の形容に使われる。
(Wikipediaより引用)

対して「ブス」は主に外見を指す意味のようですが、巷では「性格ブス」という言葉もあることから「美……(中略)…… amp;utm_from=guide" target="_blank">(文:島田 佳奈(恋愛ガイド))

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事