肋骨を閉じるストレッチ!硬い肋骨をゆるめてお腹引き締め

<!----> 肋骨が硬いと太りやすい? 肋骨をゆるめて柔軟性を上げるには 骨盤や股関節はダイエットやボディメイクにとして認識されていますが、肋骨については、周囲に脂肪がつくイメージがないので、意外と意識しない人が多いかもしれません。

しかし、肋骨が硬くなって柔軟性が低下すると、横隔膜の機能低下にもつながります。そうすると、呼吸が浅くなるので代謝低下を招き、結果、太りやすくなる可能性も……。

そこで今回は、肋骨の役割、肋骨が硬くなる理由、肋骨を柔らかく動かすことによるダイエット効果、さらに肋骨ストレッチの方法を紹介していきます。
 

<目次> 肋骨の役割とは ■肋骨はどこ?
肋骨とは胸部や内臓をぐるっと囲んでいる骨で、あばら骨とも呼ばれます。左右12本ずつ、合計24本あります。

■内臓を保護する役割
肋骨は胸部や内臓を覆うようについているので、内臓を保護する役割があります。

■呼吸に関与
呼吸は肺だ……(中略)…… 通じて、呼吸や肋骨に意識を向けていきましょう。

【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事