腸活に欠かせない朝食のルール

みなさん、朝ごはんは、どのようなものを食べていますか? 「ダイエットのためには朝ごはんはしっかり食べたほうがいい!」とか、「現代人は食べ過ぎているから朝ごはんは食べなくていい!」とか、朝ごはんについては諸説ありますね。

腸活のためには、食べるものの内容だけではなく、朝ごはんを食べるタイミングも重要となります。

覚えておきたい、腸活のための朝ごはんのとり方ルール3つをご紹介します。

■腸活のための朝ごはんのとり方ルール3つ(1)夕食から朝食まで10時間以上あける

朝ごはんは、英語でBreakfastといいますね。Break(破る)Fast(断食)。つまり、断食を破る食事が朝ごはんということになります。その名の通り、身体は8時間以上の断食後に摂る最初の食事を朝ごはんと認識するようにできているのだそうです。

ですから、夕食から朝食まで最低8時間、できれば10時間以上何も食べない時間を作り、朝ごはんを迎えましょう。

腸の大きなぜん動運動は、一日に数回しか起こらず、朝食後に一番大きなぜん動運動をします。ですから、よきタ……(中略)…… p>

【参考】日本栄養・食糧学会 監修「時間栄養学―時計遺伝子と食事のリズム」(2009年)女子栄養大学出版部

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事