腿裏ストレッチで太もものボリュームダウンが叶う!?

<!----> 腿裏ストレッチで、太もものボリュームダウン!?

スラッと太もも目指して、表裏の筋肉のバランスを視覚でチェック!

もも裏の筋肉は、主に膝下を後ろに曲げる動きの主役です。もも表側が収縮しているときには伸展し、もも表側が伸展しているときには収縮しています。

表側が盛り上がっているならば、伸張しているもも表側のストレッチは必要ないのでは? とお思いになるかもしれませんが、実は表裏どちらも硬い場合がほとんど。そこで、ももの表裏の筋肉バランスや筋肉のコンディションを整える方法の一つに、もも裏ストレッチを適度に取り入れることをおススメします。
 

<目次>     腿裏の筋肉を実感してみましょう

もも裏の筋肉を、触って確認しましょう。

図を見ながら、もも裏ストレッチの主役・大腿二頭筋がどのあたりにあるか確認してみましょう。大腿二頭筋は、イスに座ったときに支えになるお尻部分の骨(坐骨)と太ももの骨と、膝をまたぎ、すねの骨を繋いでいる筋肉です。

【関連記事】

【関連サイト】

記事の全文を見る⇒(All About)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事