赤面必須な学生時代の言動4選

ふと学生時代の自分を思い出して「イタすぎる!」と叫びたくなることってありませんか? 特に、「中二病」なんて言葉もある中学生時代にはイタイタしい言動がいっぱい。今回は「思い出すと恥ずかしくなる学生時代の言動」についてリサーチしてみました。

好きなキャラクターをおすすめしていた

「中学生の頃に某マンガのキャラクターにハマっていたのですが、全く興味がない友人に必死でおすすめしていた。『このキャラ本当にカッコいいから!』と力説し、一気に30冊以上も貸していました。いま思うと友人の顔がすごく引きつっていたな……」(20代/営業事務)

▽ 学生時代って、勉強や恋愛より二次元にハマる人もいますよね。その高ぶった感情が仲間内で収まればいいのですが、「この尊さを広めたい!」と全く興味のない友人にもおすすめしてしまうことが。若干引き気味な友人をよそに、早口で熱弁していた自分が恥ずかしくなるのです。

もめごとがあると割って入っていた

「友達がケンカをすると割って入り『まぁそういうこともあるよね〜』『お互い悪かったんだし、もう仲直りしよ。ね?』……(中略)…… さがあります……。学生時代だから許されたものの、いまこのアピールをしたら確実にイタい人扱いされるなと思うのです。

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事