食べ過ぎた翌日にできる対処法

夏の間は、楽しいイベントやお出かけ、BBQや外食、お酒やジュースなどいつもより食べすぎ&飲みちゃった・・・ということはありませんか?食べすぎた食事が脂肪となって蓄積する前に、取り入れべき対処法をご紹介します。

早めの対処を!

暑い残暑の間は、ついつい冷たいアイスやデザート、ジュース、イベントやお出かけによって、楽しくてついつい食べすぎてしまうこともありますよね。

日頃から食事量を意識していても、外出した時は我慢はしたくない。だけど食べ過ぎてしまった翌日は後悔する…なんてことも。食べすぎて脂肪となって体内に蓄積させないためには、早めに対処しておくことが必要です。

■翌朝はお水をたっぷり取りデトックスを意識する

食べ過ぎてしまった日の翌朝は、寝起きにコップ1杯のお水を飲み、歯磨きの間に”お腹ひねり”を行い、腸を動かす意識を。

午前中の間に500mlのお水を分けて水分をしっかり取り、不要な物は出来るだけ早く午前中の間に排出しデトックスさせましょう。朝ごはんは、サラダ+スープなどのお野菜を中心とし食べ過ぎないことがポイントです。

■腸を動……(中略)…… -lab.jp/ambassador/author/88/">提供記事をもっと読むPhoto by fotolia

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事