香水選びに新提案!プロがススメる「オードパルファム」と「オードトワレ」の使い分けとは

新しい香水を探しているとき、必ず目にするのが「オードパルファム」と「オードトワレ」という言葉。強い香りはオードパルファム、軽い香りはオードトワレと、香りの濃さだけで選んでいる人もいるのでは? でも香りのプロによると、この2つは香水選びにおいて大切なカギなのだそう。(フロントロウ編集部)

プロが教える香水選びの秘訣

 香水選びで何より大きな基準となるのは、好きな香りかどうかだけれど、じつは香水選びでもうひとつ大切な「選択肢」となるのが、香水の種類である「オードパルファム(EDP)」と「オードトワレ(EDT)」。

 多くのセレブも愛用するフレグランスブランド「ディプティック(diptyque)」のマーケティングマネージャーであるメアリー・ウォレスは、この2つの違いについて、「オードトワレは8~12%の濃度の香水のことで、オードパルファムはその濃度が12~18%のものを指すの」と米Byrdieで説明。濃度が高いほど、香りが持続する時間は長いとされている。

 では、香りが長く続くオードパルファムを選ぶのが正解なのかと言うと、一概にそうとは言えないそう。……(中略)…… を選ぶときには香りのタイプだけでなく、オードトワレやオードパルファムだとどう違うのかも試してみると、特別な香水と出会えるかも。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事