駄菓子界の伝説 アイス化のワケ

 1978年発売以来、子どものおやつとして親しまれているコーラ味のラムネ菓子「ミニコーラ」がアイスになって登場する。オリオン株式会社(本社・大阪市)は氷菓になった「ミニコーラ氷」と「ミニサワー氷」を6月1日(一部店舗は5月25日)から全国のスーパーなどで販売すると発表した。メーカー希望小売価格は140円(税別)で、90万個の出荷を予定している。

【写真】 こちらは爽快感が楽しめるミニサワー氷

 新型コロナウイルスの感染拡大で「受けた打撃は大きい」と話すのはオリオンの常務・高岡五郎さんだ。1年のうち駄菓子が最も売れる季節が4、5月だが、商業施設の休業や、学校の遠足がなくなったことが影響した。ゴールデンウィークが10連休だった昨年は売り上げが例年より良く「その差は大きい」と言う。

 そんな苦境のなか、自信をもって放つのが「ミニコーラ氷」と「ミニサワー氷」だ。コーラ味のかき氷は酸味・風味とともに、懐かしい駄菓子のコーラ味を表現、ミニコーラ菓子と食べると、ミニコーラ菓子の酸味とマッチし、よりコーラ感が増す。さっぱりとした甘酸っぱ……(中略)…… ンピックまでに五輪マークと同じ5色を何とか誕生させたい」と話した。

(まいどなニュース・佐藤 利幸)

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事