1杯900円 日本初上陸のカフェ

 火鍋店「海底撈」、中華軽食「沙県小吃」、ラーメン店「馬子禄」、雑貨店「名創優品(メイソウ)」など様々な中国系の大手チェーン店が日本に進出している昨今であるが、この7月にまた新たな大手チェーン店が日本初上陸を果たした。
 しかも、今回のチェーンも「中国式」をウリにしている訳ではなく、「メイソウ」のように一見すると「日本式」を思わせる名前や店づくりが特徴であるという。果たしてどういった店なのか――その店舗があるという大阪・道頓堀へと足を運んでみた。

◆中国大手ティーチェーン、メニューは強気の価格!

 新たに日本初出店を果たした中国の大手チェーンは、その名も「奈雪の茶(なゆきのちゃ)」。
 奈雪の茶は2015年に中国・深圳で創業し、2020年時点では中国とシンガポールに約800店以上を展開するティー&ベーカリーカフェ。7月4日に開業した日本一号店・道頓堀店が出店したのは「くいだおれ人形」や「グリコのネオンサイン」近く、大阪・ミナミの一等地にある「ラオックス」の1階エントランスだ。

 店舗を訪れたのは開店から1週間ほど経った日。道頓堀は新型コ……(中略)…… livedoor.com/article/detail/18647486/?p=2" rel="next">次へ

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事