2019年のビッグトレンド「ネガティブスペース・ネイル」に注目!

ネイルのカラーがないクリアな部分をいかした、アートなネイル「ネガティブスペース・ネイル」が海外で大人気。2019年のネイルのビッグトレンドの1つとして注目を集めている。(フロントロウ編集部)

 第91回アカデミー賞での人気モデルアシュリー・グラハムも、この日のネイルは「ネガティブスペース・ネイル」。シンプルなピンク色のレブロンのネイルエナメルを使ったさりげないおしゃれなデザインが好印象!

 そもそも、ネガティブスペースは、「空白」「シルエット」「際立たせる対象やその周囲」などを意味する言葉。

 「ネガティブスペース・ネイル」も、カラーがない部分をいかしたネイルアート。

 どの部分をクリアにするかセンスが問われる「ネガティブスペース・ネイル」に挑戦してインスタに投稿する人も増えていて、2019年はネイルのビッグトレンドの1つとして注目されている。

 海外で人気のデザインを参考にしてみて。

上品シンプルな新定番

 アシュリーがやっていたような、白~ヌードカラーを使った上品でシンプルな「ネガティブスペース・ネイル」……(中略)…… p>

 セルフネイルでもかんたんに作れて、アート感覚で楽しめる「ネガティブスペース・ネイル」。次のネイルの参考にしてみて。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事